<< ふるさと納税 Amazonギフト券 | main | 銚子電鉄 開運乗車券 >>

ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税

ふるさと納税 仕組み

0

    JUGEMテーマ:ふるさと納税



    ふるさと納税のサイトがテレビCMしたり、ニュースやテレビ番組でとりあげられたり、ふるさと納税の認知度がグンと上がった1年でしたね。

    きになるけど、まだやっていない!という人にふるさと納税の仕組みのおさらいです♪

    控除シュミレーションなどで、自分の寄付上限額を知る。

    寄付したい自治体を選んで、寄付を行う。

    確定申告をする、またはワンストップ特例を使う。

    寄付から2000円を引いた金額が税金(主に住民税)から控除される。

    このようになります。

    一旦は寄付でお金がでていくので抵抗があるって人がいるようですが、あとで税金から控除されて戻ってきますから、実質2000円の負担で、寄付の返礼品がもらえるといわれ、お得!といわれているわけです。

    返礼品として人気なのは、米・肉、今の時期だとカニ、いちごなどです。
    しかし、今から上限まで寄付したい!って人は、大量の米やカニをもらっても困りますよね。

    そんなとき便利なのが、返礼品で旅行券やポイントがもらえるタイプのふるさと納税です。
    こちらは、無期限で使える旅行券が返礼品としてもらえます。
    好きな時に旅行にいけますね♪
     ↓↓↓
    岐阜県池田町の返礼品

    今から寄付するときは、2017年分の寄付になるように、決済が12月31日までに終わるようにすることや、各自治体の締め切りを確認することが重要です。

    上記の寄付の場合、銀行振り込みでの受け付けは12月25日まで。
    クレジットカード決済は12月31日までです。

    ワンストップ特例を使う人は、申請書を1月10日までに自治体に送る必要があるので、それもお忘れなく。

    ふるさと納税、賢くつかって上手に節約しましょう♪


    ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:33 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ