ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税

ふるさと納税 クレジットカード

0

    JUGEMテーマ:ふるさと納税



    ふるさと納税のときにクレジットカードを使っている人は多いと思いますが、今日友達が、

    「クレジットカードって、引き落としのときが納税したことになるの? それとも使ったとき?」

    と聞いていました。ちょうど税理士事務所で働いている人がいて、

    「使ったときだよ。現金主義っていうんだって。」

    と、教えてくれました。職場で話題になったのだそうです。税理士さんがいうなら安心ですね。現金主義はよくわかんなかったけどw

    でも、私はてっきり使ったときだと思っていて、12月でも普通に使っていました(;´∀`)絶対、会計関係はむかないわ。

    細かいことによく気が付く人はエライと思います。

    というわけで、クレジットカードで12月にふるさと納税しても大丈夫というお話でした。

    CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】


    ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:23 * comments(0) * -

    ふるさと納税 仕組み

    0

      JUGEMテーマ:ふるさと納税



      ふるさと納税のサイトがテレビCMしたり、ニュースやテレビ番組でとりあげられたり、ふるさと納税の認知度がグンと上がった1年でしたね。

      きになるけど、まだやっていない!という人にふるさと納税の仕組みのおさらいです♪

      控除シュミレーションなどで、自分の寄付上限額を知る。

      寄付したい自治体を選んで、寄付を行う。

      確定申告をする、またはワンストップ特例を使う。

      寄付から2000円を引いた金額が税金(主に住民税)から控除される。

      このようになります。

      一旦は寄付でお金がでていくので抵抗があるって人がいるようですが、あとで税金から控除されて戻ってきますから、実質2000円の負担で、寄付の返礼品がもらえるといわれ、お得!といわれているわけです。

      返礼品として人気なのは、米・肉、今の時期だとカニ、いちごなどです。
      しかし、今から上限まで寄付したい!って人は、大量の米やカニをもらっても困りますよね。

      そんなとき便利なのが、返礼品で旅行券やポイントがもらえるタイプのふるさと納税です。
      こちらは、無期限で使える旅行券が返礼品としてもらえます。
      好きな時に旅行にいけますね♪
       ↓↓↓
      岐阜県池田町の返礼品

      今から寄付するときは、2017年分の寄付になるように、決済が12月31日までに終わるようにすることや、各自治体の締め切りを確認することが重要です。

      上記の寄付の場合、銀行振り込みでの受け付けは12月25日まで。
      クレジットカード決済は12月31日までです。

      ワンストップ特例を使う人は、申請書を1月10日までに自治体に送る必要があるので、それもお忘れなく。

      ふるさと納税、賢くつかって上手に節約しましょう♪


      ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:33 * comments(0) * -

      ふるさと納税

      0

        JUGEMテーマ:ふるさと納税



        ふるさと納税の2017年分の寄付の締め切りが12月31日にせまってきました。
        12月はふるさと納税が急増するそうなので、欲しかった返礼品が品切れになっているかも!

        年末は配送業者も混みあいますから、このあたりで決断?して寄付しておくと、年末に「いつ届くのかな〜」と思わなくてすみそうです。



        ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:51 * comments(0) * -

        ふるさと納税とは

        0

          JUGEMテーマ:ふるさと納税


          ふるさと納税とは、自分の住んでいる自治体以外の自治体に寄付をすることです。
          寄付した金額は、税金からひかれるので、あとで戻ってくるイメージになります。

          これだけだと、なにがお得がわかりませんよね(笑)
          下の図をみてください。


          この場合ふるさと納税をしなければ、360万円の税金を払うだけですが、
          ふるさと納税をすれば、2000円余計に税金を払うだけで、3万4千円相当の返礼品がもらえるのです。

          最近、このお得感が知れ渡り、ふるさと納税サイトもにぎわっています。
          特に12月は税金の締め切りなので、ふるさと納税サイトも品切れが多いですね〜。

          12月31日までに決済が終わった寄付は、来年の税金で戻ってきます(控除)。
          それ以降は、再来年の税金からとなるので、12月は駆け込み納税が多いんですよ。

          そうはいっても、今は欲しいものないな〜という人は、ポイントや商品券でもらうって手がありますよ。

          こちらは都内の有名店で使えるポイントがもらえます。



          また、こちらはモンベル ポイントバウチャーでもらえます。モンベルポイントバウチャーはモンベル社の直営店、オンラインストアでご利用いただけるモンベルポイントの引換チケットです。

          ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:37 * comments(0) * -

          ふるさと納税 仕組み

          0

            JUGEMテーマ:ふるさと納税

             

            個人的な仕組み解釈なんですが、ふるさと納税は、「税金の前払い」だと思います。
            本来翌年の6月からかかるはずの住民税を、先にほかの自治体に寄付するってことですから。

             

            そして「税金なら払うだけで何ももらえないけど、ふるさと納税なら返礼品がもらえる」というお得な仕組みがあると思います。

            しかし、減税をしてもらうには確定申告をしなければいけない。これがハードルになっていたんですよね。
            けれどワンストップ特例制度が導入されたので、ふるさと納税以外の確定申告がない人は、寄付した自治体に書類を送ればよくなりました。

             

            送る書類も名前とか住所とか普通のもの。
            マイナンバーすらいらないんですね〜びっくり。
            これはお手軽ですよ。

             

            もし、確定申告が嫌でふるさと納税しなかった人がいたらチャンスです。
            払うはずのお金でお米とかお肉をもらっちゃいましょう。

             

            そして、これは裏技的使い方ですが・・・・高校の授業料が無料になる可能性があります。
            高校の授業料は所得制限つきで無料です。
            その基準は神奈川県では住民税が年間30万2千円以上なら授業料を払わなくてはいけない・・・

             

            数千円とか数万円超えてしまった人たちは、年間12万円近い授業料(県立の場合)払うのですが、ふるさと納税をすると、すんでいる自治体に払う住民税が減るので、授業料無料の仲間入りできる可能性があるんです。

            ほんのちょっと超えているだけの人。ふるさと納税する価値は大あり!ですよ。


             

             

            ようこ * ふるさと納税 仕組み * 00:03 * comments(0) * -
            このページの先頭へ