ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税

ふるさと納税 ランキング ふるなび

0

    JUGEMテーマ:ふるさと納税




    ふるなびの人気返礼品ランキングを見ていたら、
    けっこう他のふるさと納税サイトと違うなあって思いました。


    1位 静岡県小山市 サーティワンアイスクリーム商品券8枚

    2位 愛知県幸手町 エアウィーヴ ピロー スタンダード

    3位 新潟県燕市 全自動コーヒーメーカー(CM-D457B)

    ね、個性的でしょ。

    実は「ふるなび」は、担当者が全国の自治体をまわって、
    直接交渉で返礼品を集めているんです。

    なので、個性的だったり、面白かったり、お得だったりする返礼品が多い。

    いつも、お米と肉ばかりだけど、たまには違った返礼品にしようかな、
    と、思っている人は「ふるなび」をみてみてくさい。


    ようこ * ふるさと納税 ランキング * 11:29 * comments(0) * -

    ふるさと納税 クレジットカード

    0

      JUGEMテーマ:ふるさと納税



      ふるさと納税のときにクレジットカードを使っている人は多いと思いますが、今日友達が、

      「クレジットカードって、引き落としのときが納税したことになるの? それとも使ったとき?」

      と聞いていました。ちょうど税理士事務所で働いている人がいて、

      「使ったときだよ。現金主義っていうんだって。」

      と、教えてくれました。職場で話題になったのだそうです。税理士さんがいうなら安心ですね。現金主義はよくわかんなかったけどw

      でも、私はてっきり使ったときだと思っていて、12月でも普通に使っていました(;´∀`)絶対、会計関係はむかないわ。

      細かいことによく気が付く人はエライと思います。

      というわけで、クレジットカードで12月にふるさと納税しても大丈夫というお話でした。

      CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】


      ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:23 * comments(0) * -

      ふるさと納税還元率

      0

        JUGEMテーマ:ふるさと納税



        ふるさと納税の還元率とは、寄付金と返礼品の比率です。寄付1万円で、返礼品が5千円相当の品物なら、還元率は50%となります。つまり高い方がお得と判断されるわけです。

        以前は、50%を超える返礼品も珍しくなかったですが、総務省が還元率は30%以下にするようにと通達をだしてから、ほとんどの自治体がそうしています。

        でも、まだ通達に従っていない自治体もあって、そういった自治体は人気があるので寄付金額も多いです。

        総務省は名指しで改善を求めているので、もうすぐ還元率見直しがあるかもしれません。

        ちなみに名指しされた自治体のなかで、一番寄付金額が多いのは大阪府泉佐野市です。
        楽天に泉佐野市のふるさと納税がありましたので、きになる人はみてみてね。
         ↓↓↓
        大阪府泉佐野市


        ようこ * ふるさと納税 還元率 * 23:58 * comments(0) * -

        銚子電鉄 開運乗車券

        0

          JUGEMテーマ:ふるさと納税



          ふるさと納税サイトで、銚子電鉄の開運乗車券がもらえるキャンペーンをみつけました。

          1万円以上の寄付をした人、先着300名限定だそうです。
          銚子電鉄開運乗車券キャンペーン

          抽選でなく、先着ということで、間に合えば必ずもらえるんですね!
          そのかわり、なくなり次第終了です。興味ある人はお早めに!

          開運乗車券なのは、本銚子から銚子いきだから。
          受験生へのプレゼントにもよさそう♪


          ようこ * ふるさと納税 人気 * 23:00 * comments(0) * -

          ふるさと納税 仕組み

          0

            JUGEMテーマ:ふるさと納税



            ふるさと納税のサイトがテレビCMしたり、ニュースやテレビ番組でとりあげられたり、ふるさと納税の認知度がグンと上がった1年でしたね。

            きになるけど、まだやっていない!という人にふるさと納税の仕組みのおさらいです♪

            控除シュミレーションなどで、自分の寄付上限額を知る。

            寄付したい自治体を選んで、寄付を行う。

            確定申告をする、またはワンストップ特例を使う。

            寄付から2000円を引いた金額が税金(主に住民税)から控除される。

            このようになります。

            一旦は寄付でお金がでていくので抵抗があるって人がいるようですが、あとで税金から控除されて戻ってきますから、実質2000円の負担で、寄付の返礼品がもらえるといわれ、お得!といわれているわけです。

            返礼品として人気なのは、米・肉、今の時期だとカニ、いちごなどです。
            しかし、今から上限まで寄付したい!って人は、大量の米やカニをもらっても困りますよね。

            そんなとき便利なのが、返礼品で旅行券やポイントがもらえるタイプのふるさと納税です。
            こちらは、無期限で使える旅行券が返礼品としてもらえます。
            好きな時に旅行にいけますね♪
             ↓↓↓
            岐阜県池田町の返礼品

            今から寄付するときは、2017年分の寄付になるように、決済が12月31日までに終わるようにすることや、各自治体の締め切りを確認することが重要です。

            上記の寄付の場合、銀行振り込みでの受け付けは12月25日まで。
            クレジットカード決済は12月31日までです。

            ワンストップ特例を使う人は、申請書を1月10日までに自治体に送る必要があるので、それもお忘れなく。

            ふるさと納税、賢くつかって上手に節約しましょう♪


            ようこ * ふるさと納税 仕組み * 23:33 * comments(0) * -
            このページの先頭へ